債務整理とは

債務整理法律事務所に借金問題を相談した際に提案される債務整理は全部で4つの方法があります。まず1つ目は任意整理です。任意整理とは取引のある金融業者と話し合いを行うことで借金の返済額や借金の総額を見直す方法です。利息制限法に基づいて利息の再計算を行うことから借金の残高の減額が見込める方法で、利息を払い過ぎている場合は過払い金の請求も同時に行うことができます。

2つ目は特定調停です。簡易裁判所に出向き、調停委員の協力を経て債務者と債権者で借金残高の減額や返済方法などを交渉する方法です。任意整理と同じように利息制限法に基づいて利息の再計算を行うことで借金の総額の減額を見込むことができますが、過払い金について特定調停の手続きでは交渉することができないので任意整理を提案されることがほとんどです。

3つ目は個人再生です。裁判所に申し立てを行い借金の一部を原則として3年で返済することを条件にして、借金の総額を免除してもらう方法です。継続的な収入があることが条件となるなど個人再生を選ぶためには一定の条件がありますが、ある程度の資産を残して借金の整理を行うことができる方法です。

そして4つ目は自己破産です。裁判所に支払い不能の申立を行い免責を受けることで借金を全額免除してもらう方法です。免責を受けることができれば借金は0になりますが、一部の資産を残して住宅や車など高額な資産がある場合は換金して債権者への返済にあてることになります。