まずは無料相談をしよう

相談任意整理や特定調停、個人再生や自己破産には利用するための条件やメリット、デメリットがあり、それぞれの特徴をしっかり理解して自分にはどの方法が適しているのか検討する必要があります。法律事務所に今の借金や自分の状況を相談することで最適な方法を提案してもらうことができるので、まずは法律事務所を見つけて相談をしてみましょう。

法律事務所へ相談をする際に気になるのが相談のときにかかる費用についてではないでしょうか。法律事務所に相談をするとなると高額な費用がかかるのではと不安に感じる人もいるでしょう。借金の返済に悩んでいる中でさらに費用がかかるとなると相談も躊躇してしまいます。

ですが多くの法律事務所は無料相談サービスを行っています。無料相談サービスでは30分から1時間程度法律事務所で借金問題について相談することができ、借金の総額や自分の状況などを踏まえて適した債務整理の方法を教えてもらうことができますし、依頼する際の費用や不安についても相談することができます。無料相談サービスを行っている法律事務所では初回のみ無料としているところが多いので、できるだけ情報を整理してしっかり相談できるように準備しておきましょう。

推奨LINK≪弁護士無料相談
借金の返済に関する相談は何度でも無料の法律事務所です。

債務整理とは

債務整理法律事務所に借金問題を相談した際に提案される債務整理は全部で4つの方法があります。まず1つ目は任意整理です。任意整理とは取引のある金融業者と話し合いを行うことで借金の返済額や借金の総額を見直す方法です。利息制限法に基づいて利息の再計算を行うことから借金の残高の減額が見込める方法で、利息を払い過ぎている場合は過払い金の請求も同時に行うことができます。

2つ目は特定調停です。簡易裁判所に出向き、調停委員の協力を経て債務者と債権者で借金残高の減額や返済方法などを交渉する方法です。任意整理と同じように利息制限法に基づいて利息の再計算を行うことで借金の総額の減額を見込むことができますが、過払い金について特定調停の手続きでは交渉することができないので任意整理を提案されることがほとんどです。

3つ目は個人再生です。裁判所に申し立てを行い借金の一部を原則として3年で返済することを条件にして、借金の総額を免除してもらう方法です。継続的な収入があることが条件となるなど個人再生を選ぶためには一定の条件がありますが、ある程度の資産を残して借金の整理を行うことができる方法です。

そして4つ目は自己破産です。裁判所に支払い不能の申立を行い免責を受けることで借金を全額免除してもらう方法です。免責を受けることができれば借金は0になりますが、一部の資産を残して住宅や車など高額な資産がある場合は換金して債権者への返済にあてることになります。

法律事務所に借金問題を相談する

カードローンやキャッシングなど便利に利用することができるサービスも間違った使い方をすると返済の目処が立たなくなり、多重債務や返済不能など様々な問題を抱えることになってしまいます。毎月借金の返済に苦しんでいる、これ以上返済することができないという場合は法律事務所に借金問題を相談することで上手く解決することができます。

法律事務所では借金に悩む人に任意整理や特定調停、個人再生や自己破産などの債務整理を提案しており、法律事務所に依頼して債務を整理することで毎月の返済額を減額することができたり、過払い金が発生している場合は借金そのものがなくなる可能性もあります。

借金問題法律事務所に借金問題を相談すると家族や職場に借金をしていることが知られてしまうのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。ですが法律事務所は秘密厳守で相談や依頼を受け付けており、相談や依頼をしたからと言って借金が周囲の人に知られてしまうようなことはありません。借金を返済することができずに放置してしまうと督促の電話やはがきなどが頻繁に来ることによって周囲の人に知られてしまう可能性が高くなるので、できるだけ早く法律事務所に相談することでスムーズに解決することができ、苦しい返済の日々から開放されるのではないでしょうか。そこでここでは借金問題を法律事務所に依頼した場合に提案される債務整理の内容や法律事務所が行っている無料相談サービスについて紹介します。